案外理不尽な話

今住んでいるところ(お安いアパート)は、2年契約になっているため、2年ごとに契約更新に出かける必要があります。
前回の更新までは、勝手に書類が送られてきて、

アンタに必要な書類はこれこれしかじかだから、再契約したかったら送ってね
(管理会社にはいちいち来なくていいよ、アンタみたいなヒマ人の相手なんてしてられないし・・・)

だったので、ラクと言えばラクでよかったのですが、今回は、

再契約したかったら管理会社にやって来てね
重要事項説明をもう一回するよ


・・・ということでしたので、めんどくさいこと極まりないのですが出かけてきました・・・。

基本的には同じ契約を更新するわけで、別に家賃が高くなるわけでもなければ、管理費が高くなるわけでもないのですが、

更新事務手数料が地味に上がっているのです

・・・具体的に言うと、前回は家賃にかかわらず5000円(+消費税)だったものが(5500円+消費税だったかもしれませんが、いずれにしても5000円台だったのは確か)、

家賃の1/2+消費税

・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・
これ嫌がらせレベルの“値上げ”じゃね?

新規契約に際して、多くの管理会社は仲介手数料として、

家賃の1/2+消費税

を持っていくのですが、

再契約と新規契約では“手数”って全然違うはずなのに、同じ額を持っていくの??

・・・と、割と真剣に思いました。

**********

だいたい、一部の正規雇用者はどうなのか知りませんが、多くの非正規雇用者は、

物価が上がっても給料はびた一文たりとも上がらない
(むしろ「下がらない」のでありがとう・・・というレベル。もちろん私も非正規側ですよ・・・。そういや、「在職証明書も出せ」というのですが、組織の「正式なメンバー」ではない非正規がそんなご大層な書類を出せるわけがなかろうが・・・(怒)

わけでして、そんな中で、円安も関係なければ人件費の上昇も関係ないように思われる不動産業がこのレベルの値上げをするのは、どうなのでしょうね。
だいたい、再契約なのにいちいち説明してくれなんて、誰も頼んでいないのに、「説明するから新規契約と同じ手数料ね」と言われて、誰が納得するというのでしょうか。

他の管理会社がどういう手数料を定めているのかは定かではありませんが、結構な理不尽さを感じて店を出たのでありました
(「だったらその場で文句を言え?」・・・それはそうなのですが、文句を言って規定の手数料が変わるわけではありませんからね。家賃や更新料あたりと違って交渉の余地もあまりなさそうですし・・・)。

あるいは、最近は「礼金」だとか「更新料」といったわけのわからないものが“ない”ところが増えて、大変住む側としてはありがたいというところなのですが、

これって“形を変えた更新料”ではないか

・・・という思いも、無きにしも非ずです。

もっとも、今まで家主がふんだくっていたと思われる礼金や更新料は、結局はその一部が管理会社の取り分であり、礼金や更新料がなくなると管理会社は丸損なので、形を変えた更新料が復活したのかもしれませんが、真偽は定かではありません・・・。

ともかく、給料を出す側はシブチンなのに、金を取る側はバカスカとっていくのですから、底辺にとってはたまったものではありません
その程度でブー垂れるから“底辺”なのだ、と言われれば、まあそれまでですが・・・。

**********

ちなみに、お家賃の高いブルジョワジーなみなさまは、一挙に更新手数料が上がって涙目だと思われますが、

ウチの場合は数千円の違いでしかない
(何せ、元の家賃がお安いですからね・・・(大爆笑))

と言われれば、まあそれまでです
(いやいや、2~3万上がっても屁とも思わないブルジョワジーと、私のような激烈プアとは置かれている状況も、“千円”の価値も全然違うんですよ・・・orz)。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

キモプアの紙

Author:キモプアの紙
キモメン兼デヴ兼クソヲタ兼フニーターで当然の帰結として“プア”・・・。略して“キモプア”。
その中でも(まあ、ほかに“キモプア”を自称する物好きもいないでしょうが・・・)選ばれし“逆”エリートゆえに“紙”(ペーパー的な意味で・・・orz)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ