授業開始

しばらく続いたダイガクの夏休みも、昨日をもって終わり。
今日からは後期セメスターのはじまりです。
私自身は前期同様金曜日に授業を配置しているため、初日からいきなり授業でした。

今期は、

外国語の文献をみんなで読んでいこう(いわゆる「外書講読」)

・・・という授業の担当を仰せつかりましたが、

私みたいに外国語能力が危なっかしいのにさせて大丈夫なのか?

・・・という、余計な心配も無きにしも非ず
(まあ、大半の学部生のみなさんよりは読める・・・と、思うだけは思っておきたい(苦笑))。

**********

今日は初回ですので、簡単な顔合わせと、来週から実際にテキストを読んでいくための準備作業としての、導入講義というなのヨタ話をしてきました。
やはり、何だかんだ言っても教壇に立つと「講師スイッチ」でも入るのか、気分が変わってくるものです。

それはともかくとして、前期のような講義科目(聞いているだけ)に比べると、どうしても講読科目となると人が少なくなるものですが(外国語となったらなおのこと・・・)、

見事に教室にいた学生は一ケタ

でして、まあ私みたいな怪しげなヘボ講師の授業だったら、こんなものなのでしょう。

何人ついてくるのか、何人脱落するのか・・・は、神のみぞ知る・・・です。
ニーチェ大先生に言わせれば、「神は死んだ」のだそうですけどね・・・。

**********

・・・ということで、来週からは私も外国語と格闘です。
学生のみなさんの前では堂々と開陳はしていませんが、ずいぶんしばらくぶりに外国語に接するため、果たして大丈夫なのか、少し不安も無きにしも非ず・・・です。

これから来年の1月まで、のべ15週のノンストップ(?)授業ラッシュです。
まあせいぜいがんばろう俺
(余談ながら、出席者が少ないと、コミュニケーション・ペーパーにコメントを書くのも楽ですね・・・。前期はほぼ常時20枚以上書いていたのが、一挙に半分以下になると全然負担感が違います。今日集めた分なんてもうコメント終わったし・・・)。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

キモプアの紙

Author:キモプアの紙
キモメン兼デヴ兼クソヲタ兼フニーターで当然の帰結として“プア”・・・。略して“キモプア”。
その中でも(まあ、ほかに“キモプア”を自称する物好きもいないでしょうが・・・)選ばれし“逆”エリートゆえに“紙”(ペーパー的な意味で・・・orz)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ