神戸空港の展望デッキにて

先日、神戸市内某所で用務を終えた後で・・・

P6193735_R.jpg
三宮からポートライナーに揺られて、神戸空港に出かけてみましたので、そのときの記録です・・・。

P6193688_R.jpg
さて、三宮から18分の“ポートライナーの旅”を経て、夕刻(18時前)の神戸空港にやって来たわけですが、もちろん飛行機に乗る用事はありません
チェックインカウンターの脇をすり抜けて、ターミナルビルの屋上にある展望デッキにやってまいりました。

P6193685_R.jpg
用務のついででやってきている割には、“プアマンズ大砲”(タムロン SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD (Model A011))を、カバンに潜ませていたりもします
(なお、私が持ち歩くカバンは3日程度の出張にも対応するというのがウリの、それなりに大きなビジネスバッグです・・・)。

DSC_3039_R_20170621194158c1e.jpg
神戸空港といえば、スカイマークの拠点空港です。
したがって、発着便の圧倒的多数がスカイマーク機であった・・・というか、このときはスカイマーク機しか見かけませんでした・・・

伊丹には来ない機体だけに、新鮮というかなんというか・・・。

DSC_3053_R.jpg

DSC_3058_R_20170621194201a8f.jpg

DSC_3064_R_20170621194202739.jpg
ちょうど出発便の時間帯だったようで、目の前をボーイング737型機が華麗に飛び立っていきました。

DSC_3109_R_201706211942082ed.jpg
こちら到着便。
時間から考えて、はるばる新千歳から飛んできた、スカイマーク176便(所定18:05着)でしょうか
(展望デッキの一角には発着機の状況を示すモニターがあるので、それで確認すればいいだけという説もあり・・・)。

DSC_3119_R.jpg
誘導路を自走して、目の前(目の下?)にやってきました。

DSC_3123_R_201706211942115ac.jpg
機体番号“JA737Y”のボーイング“737”型機というのは、偶然の一致なのか何なのか・・・。

DSC_3148_R.jpg
そんな到着便の傍らで、トーイングカーに引っ張られて(押されて(?))、移動していく機体。

DSC_3152_R.jpg
某パリーグ球団とコラボしたラッピングが施されていました。

この機体、西側に若干移動して、据え付けられました。
翌朝まで一休み・・・なのでしょうか・・・(すでにここを出発する便も残りわずかという時間帯ですし・・・)。




DSC_3192_R.jpg
さて、あまり需要が伸びていない--なにせ、伊丹のような基幹空港が近隣にあるのですから--と言われる神戸空港ですが、夕刻(17時~18時前後)には、それなりに発着便もいます。
まあ、ひっきりなしに離発着のある伊丹と比べるのが間違いなのでしょうが、並の地方空港と同じ程度の頻度は・・・ある・・・のか(私の感覚としては、地元の松山空港と似たような便数・・・という意識になります。きちんと便数を比べたわけでもないのですが・・・)。

DSC_3199_R.jpg
長崎からのスカイマーク148便が、だいたい定刻となる18時半頃に着陸してきました。

DSC_3207_R_201706211942324fb.jpg
おや?・・・よく見ると・・・






DSC_3239_R.jpg
ヤマト2202ラッピング機!!

噂には聞いていましたが、遭遇できるとは思っていませんでした・・・。

DSC_3223_R.jpg
逆サイド。

DSC_3246_R.jpg
搭乗口の傍らも、よく見ると・・・。





同作品の元となった「さらヤマ/ヤマト2」を、対岸(広島)から流れてくる電波で再放送で見て熱狂した--って、25年以上前のことだけどな!--腐れ中年、大歓喜(笑)。

どうせならば、主役のヤマトではなくて、アンドロメダも描いてくれていたら文句なしなのですが、リメイクにともなってだいぶ“位置づけ”が変わってしまったのがよくないのか、“脇役”は所詮“脇役(やられ役?)”だからか、われらが(?)アンドロメダは描かれていません・・・orz
(それでも、アンドロメダの方が大好きな腐れ中年なのであった・・・orz)。

DSC_3255_R_20170621194244028.jpg
長崎からの乗客が降りてくるのを傍らに、いい加減日も陰ってきた--そして、日が陰ると暗いプアマンズ大砲はぶれ写真を量産する--こともありまして、ターミナルビルの中に戻ることにしました。

P6193708_R.jpg
そうして、無駄に夕食をとってから--伊丹のレストランと違って、どの店を眺めても“ガラガラ”なのが、わびしいところ?--、もう一度エプロンを眺めてみると、ちょうど、茨城に向かうスカイマーク186便が出発しようとするところでした
(なお、この画像以降は、サブカメラのE-M10 markIIによるもの)。

P6193719_R.jpg
この186便の離陸を見送って・・・

P6193725_R.jpg
ポートライナーに乗り込んで(冗談抜きで、ターミナルビルとポートライナーの駅は“直結”しています・・・)

P6193749_R.jpg
無駄に展望席に居座って、三宮へと戻っていったのでありました。




・・・ということで、1年ぶりくらいにやってきたような気がする神戸空港の探訪記というかヘボい撮影記でした。

海上空港ということもありまして、展望デッキ以外からの撮影は、なかなか素人には難しいところもあります。
その展望デッキも、規模としてはこぢんまりとしており、特に着陸便については、大砲でないと--300mm級のレンズでは心許なさそう--対応が難しいところもあると思われます。

また、新しい空港ということもあってか、フェンスが高く、網の目も細かく、伊丹空港の展望デッキ--フェンスではなくワイヤーが張られているエリアから狙えば、滑走路上の機体をおさえるのも容易--に比べると、難しいところがあるという印象です。

実際、

フェンスが露骨に写り込んだダメ写真を量産

・・・していましたしね・・・
(オマエがヘボいだけであるというツッコミは、甘んじて受けよう・・・orz)


DSC_3183_R.jpg
他方で、海上空港、しかも、瀬戸内海の主要航路を望む地にあることもあってか、実は船舶ウォッチングをするのも、アリなのかもしれません
このときのような夕刻であれば、九州へ向かう大型フェリーの第一陣を、遠目に傍観することもできます。




なお、「神戸市内の別の観光地とセットで訪れる」という場合は、

1daycoupon.jpg
神戸街めぐり1dayクーポン

を使うと、おトクです
(神戸市内での購入で950円ですが、主要観光施設で使用できる700円分のクーポン(神戸街遊券)が付いているので、交通費分はタダみたいなものです。ポートライナーで三宮~神戸空港を往復すれば660円かかるので、観光地めぐりとセットにすれば、元を取るなど秒殺状態ですよ。なお、このときの私は、阪急拡大版(価格1750円)を使用しており、京都河原町~神戸三宮の往復(所定1240円)とポートライナーの往復だけで、
すでに元を取っていると考えることもできます・・・。というか、このクーポンでなければ、私は神戸空港までやってくる気にならないんですけどね・・・(苦笑))。
スポンサーサイト
プロフィール

キモプアの紙

Author:キモプアの紙
キモメン兼デヴ兼クソヲタ兼フニーターで当然の帰結として“プア”・・・。略して“キモプア”。
その中でも(まあ、ほかに“キモプア”を自称する物好きもいないでしょうが・・・)選ばれし“逆”エリートゆえに“紙”(ペーパー的な意味で・・・orz)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ