ポータブック(投げ売り品を無駄に調達)

半月ほど前に、文具メーカーである(はずの)キングジムが世に問うて大爆死したパソコンこと“ポータブック”が・・・

投げ売り状態になっている

(発売当初は約9万円、今月頭に約6.5万円だったものが、一挙に2万円ちょっとになったのですから、まあ“投げ売り”です罠・・・)

・・・ということで、登場時に一瞬だけ注目して--そして価格を見て一気に買う気をなくした--私としては、これ幸いと無駄に調達してみることにしました・・・



・・・というか、2年前に調達したタブレットPCがとんでもない“地雷”で、ケースを兼ねたキーボードとタッチパッドが、

ご丁寧に保証期間を過ぎた直後に断線してぶっ壊れた
(ソ※ータイマーかよ!(失笑))

・・・ということで、費用を考えると修理を断念して以来、キーボードとマウスを別々に運ぶのがめんどくさい・・・しかも、ブルートゥースの認識精度もイマイチというアレな状況に加えて、授業とか何とかでプロジェクターにつなぐ際には(ミニHDMI→D-SUB15ピン)変換ケーブルも持ち歩かないといけないということで、二重三重にめんどくさい・・・という事情も、ありましたけどね・・・
(要するに、一台で何とかしたかったのです・・・)。




DSC01854_R.jpg
・・・ということで、先週某日、ソースネクスト通販サイトからの刺客・・・もとい段ボール箱が届きました。
ポイントを考慮すればもっとお安いサイトもありましたが、ポイント還元よりは現金価格の安い方がありがたいです、ハイ・・・。

DSC01856_R.jpg
漆黒の箱。
この箱がまた、いい紙使ってるんですよ・・・
明らかにカネかかってんですよ。

それだけに・・・

投げ売りとなっている今の現状がもの悲しい・・・

DSC01858_R.jpg
マニュアル。
必要最小限のことしか書いていません。
おかげで、プリインストールされているOffice Mobileを使おうとしたときにいろいろとエラい目に遭いました・・・orz

DSC01861_R.jpg
電源ケーブルとACアダプター。
独自の電源端子の多いノートパソコン業界において、マイクロUSB端子で給電できることは、讃えておくべきところかと・・・
(モバイルバッテリーも使えるらしいですが、私持ってなかった・・・(だいたい、スマホ持ってないですからね・・・))。

DSC01865_R.jpg
ACアダプターはコンパクトです。
これなら持ち運んでも大してストレスが溜まりませんね・・・。




DSC01867_R_20161129190554519.jpg
本体を取り出しました。
ゴテゴテしたロゴやいらない飾りのない、“The・真っ黒”・・・もとい・・・シンプル極まりないデザインです。
表面積は(8インチディスプレイしか搭載していないので当然といえば当然ですが・・・)狭いです。
その代わり、分厚いですけどね・・・。

そして、ポータブックといえば・・・というか、キングジムといえば

DSC01869_R_20161129190552621.jpg
キワモノキーボード!(笑)

・・・折りたたまれたキーボードを展開すると・・・

DSC01900_R_20161129190556704.jpg
並みのモバイルノートパソコンと同レベルの大きさのキーボードが登場します。
コレだよコレ!
(・・・と、かつてポメラDM-10の折りたたみキーボードに狂喜乱舞した大きなお子様は無駄に喜ぶ(失笑))

なお、アルミフレーム構造のおかげか、キーボード自体はしっかりとした造りです。
キーストロークが浅くてペコペコなのは・・・しかたないか・・・
(それでも、現在併用しているポメラDM-100のキーボードよりはこちらの方が上か・・・)。

DSC01899_R.jpg
メーカーロゴはこんなところにありました・・・。
目立ってない・・・(別に目立たなくてもいいけど・・・)。

DSC01907_R_20161129190608fc1.jpg
ちなみに、ポインティングデバイスとしては、光学式のものが搭載されています。
各所でレビューされているとおり、

感度が無駄に高すぎる


・・・ため、Windows上で感度(移動速度)を落とさないと、ちょっと使い物になりません・・・

あと、これは私だけかもしれませんが・・・

無意識のうちにここをタップしてしまうのはなぜだろう・・・(苦笑)

DSC01906_R.jpg
タップするべきは、キーボードの下にある二つのボタンのはずなのですが・・・。
なお、キーボードやポインティングデバイスとは高さが違うため、微妙に使いにくいです・・・。

DSC01901_R_201611291906058c2.jpg
さて、無駄に(←失礼)分厚いポータブックですが、その分厚さの種明かしは背面にあります。
HDMI端子はおろか、D-SUB15ピン端子まで搭載しているため、

プロジェクターにアダプターなしでつなぐことができる!!

(中途半端な時期にAV設備が導入された教室では、HDMI端子に対応してないんですよね・・・orz)

・・・のは、授業で無駄な画像を投影するために使う私としては非常に、非常にありがたいです。


・・・が、先週某日の某授業で喜び勇んで接続しようとしたら・・・









教室側のD-SUB15ピン端子が“歪んで”いたため接続できなかったという、この残念なオチ(失笑)。
(思わずこちらのポータブックの不良を疑いましたが、違った・・・)




DSC01909_R_201611291956219b9.jpg
起動画面。
8インチの液晶画面は、普段24インチモニターを常用し、ノートパソコンは14~15インチ級、タブレットは10インチ級を用いる私からすると、間違いなく“小さい”です。

・・・が、本体“面積”の小型化と、(後述する)Office Mobileをタダで使うという観点からすれば、やむを得ないところでしょうか。

DSC01913_R_20161129195622df2.jpg
ただ、小さいのはかまわないのですが、この液晶


・・・質が悪すぎる・・・
(思わず、出荷時に保護フィルムが貼られているのが悪いのかと、モニターを脂ギッシュな手で触ってしまったがな・・・)。

ビジネス用途を念頭において--少なくともメーカーはビジネス用途で売り出したかったらしい--、ノングレア液晶を採用していることは評価します。

・・・が、


もうちょっと質の高い液晶を使ってくれよ・・・

(これでは、今世紀冒頭の、TFT液晶が登場した頃のTN液晶と質が変わりません・・・)。




DSC01915_R_20170113222559179.jpg
プリインストールされているOffice Mobileの一員であるWord Mobileを起動してみました。
ディスプレイが10.1インチ以下であれば無料で使用できる・・・という、マイ※ロソフトとしては太っ腹なことをしているのはいいのですが、ディスプレイの質がしょぼくて小さいため、拡大表示させたところ、




タダでは使えないぞゴルァ。MS様にゼニを落とせ

(↑意訳;「サブスクリプションが必要です」と、正確には表示されています・・・)

と、警告が出ました。

いったい、何を基準にして画面サイズを判断しているのでしょうか・・・

(こんな調子では、オチオチ外部ディスプレイにもつなげない・・・)

しょうがないので、一端アンインストールして再インストールするという無駄手間を踏むことになりました・・・orz
(いや、大人しく付属の1年Office(Office365)を使えよという話ですが・・・)。

確かに、初回だけインターネット接続した状況で使って、デフォルトの保存先を内部ストレージに変えるとオフラインで使えるようにはなるのですが、

オフラインで使えるようにするハードルが無駄に高すぎだろ・・・
(しかも、Word、Excel、Powerpointそれぞれに設定しろと来ています・・・)

まあ、慣れればオフラインでも閲覧や最低限の編集はできると言えばできるのですけれどもね・・・。





・・・ということで、投げ売り品を無駄に捕獲した“ポータブック”でした。

私は授業中に無駄に“イメージ画像”を投影する習慣があるのですが--そして、頑なにPowerPointは使わない--、大きく重いノートパソコンも、タブレット+変換ケーブル+マウス+キーボードという複雑怪奇なセットも、このポータブック一台で代替できるというのは、強力なメリットです。
見た目に反して重量はある(800gちょっと)のですが、上記のような特殊な持ち運び環境を考慮するならば、「1台で片付く」メリットの方を、個人的には高く評価します。

バッテリーの持ちが悪い(カタログスペックで5時間)という見方もありますが、どうせ電源が近くにあるところでしか使わないので、個人的には気にしません。

CPUに(Atomとしては)上級のものを搭載していることもあって、動作もそんなにもっさりしているとは思いませんでした
(ただし、夏場にどうなるかは未確認)。

ストレージの容量が32GBと少ないですが、本体に何でもかんでも放り込むようなマシンではない--割り切ったサブマシンとして“しか”使ってはならない--ことを考慮すれば、まあ許容範囲でしょう。
足りなければSDカードなりUSBメモリなりで補うだけのことですし・・・
(とはいえ、SDスロットが浅すぎてカードは外に飛び出し、USBポートも2.0が1つしかないので、“足りない”のですが・・・)。

キーボードも、(初期設定は必須ですが)ポインティングデバイスも、それなりの使い勝手を誇ります。
ディスプレイは・・・お察しくださいですが・・・。




全体として、

2万円のノートパソコン(サブマシン)としてなら“アリ”でしょう
(だから無駄にポチっているのですが・・・)

売り出し価格の9万円では・・・絶対買いません。
今月頭の6.5万円でも・・・買いません。

結局、

中途半端なスペックのものを、強気の価格設定で売り出したら大爆死した

(・・・だから、投げ売りに至った。スペックだけ見れば3万円前後のタブレットと変わりないですからね・・・)

・・・という、


みんなして同じように考えていることを、私も考えずにはいられなかった

・・・というオチに、なります。
スポンサーサイト
プロフィール

キモプアの紙

Author:キモプアの紙
キモメン兼デヴ兼クソヲタ兼フニーターで当然の帰結として“プア”・・・。略して“キモプア”。
その中でも(まあ、ほかに“キモプア”を自称する物好きもいないでしょうが・・・)選ばれし“逆”エリートゆえに“紙”(ペーパー的な意味で・・・orz)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ