淡路島公園探訪記(その②)

「その①」のつづきです・・・

DSC_5405_R.jpg
さらに先へ進むと、「交流ゾーン」の中核に位置する「水の遊び場」。
真夏(ちょうど今みたいな季節)になると、人多すぎ状態になるのでしょうね・・・。

DSC_5258_R.jpg
公園の中でも最も新しい(らしい)、“草原と花のゾーン”にやってきました。
このゾーンの終点には展望デッキがあるとのことで・・・

無駄に展望デッキまで“歩いて”登りますよ・・・

DSC_5259_R.jpg
歩く歩く・・・。

DSC_5266_R.jpg
広場に出ました。

何というか、

3D化されたドラ※エの草原マップのようだ

・・・という感想しか出てこない私は、たいがいゲーム中毒なのでしょうか・・・(苦笑)。

DSC_5284_R.jpg
案内図の前で一休み。
それにしても、

ずいぶんと“公園の奥”までやってきた・・・。

DSC_5353_R.jpg
途中、クルマに追い抜かれながら、こちとらヒーハー言いながらやってきましたよ、展望デッキ

なお、展望デッキのふもとに駐車スペースがあって、手近なところまでクルマで乗り入れることができるというか、このときにも企業の研修のついでなのか、まともな社会人らしい方々が、優雅にお車でやって来ていました。

というか、


標高218mの展望デッキまで、(ハイウェイオアシスから)延々1時間半もかけて歩いて登るアホはそう多くあるまい・・・
(途中休み休みでしたが・・・)


もっとも、延々と汗をかきかき歩いて登った甲斐はありまして・・・

DSC_5314_R.jpg
眼下には公園が一望できます。

DSC_5323_R.jpg
明石海峡大橋。

DSC_5320_R.jpg
大阪湾。

DSC_5334_R.jpg
神戸淡路鳴門自動車道。
高速バスなどで道路上を走っているとあまり意識しないのですが、こうして外から見ると、雄大な構造物というか、“よく作った罠”レベルですね・・・。

DSC_5316_R.jpg
先程まで上ってきた道と、“大きな芝生広場”をはじめとした“交流ゾーン”。

またあそこまで降りるのかよ・・・orz。

・・・ともあれ、わざわざ時間をかけて登っただけあって、絶景でした。



ただ、

歩いて登るのはやめておいた方がいい
(よほど体力に自信があるか、よほど暇があるならまだしも・・・。お車で登るのが楽でいいですよ。自分で乗るor誰かが乗せてくれることが条件になりますが・・・)

・・・まあ、この程度でヒーヒー言っていたら山登りはできないというか、別に山登りをする気もありませんけどね・・・。




DSC_5418_R.jpg
・・・ということで、登ってきた道をご丁寧に降りて(・・・というか、降りないと帰れない・・・orz)、“水の遊び場”に戻ってきました。

DSC_5442_R.jpg
時期が梅雨時だったこともあってか、あじさいが園内では咲き誇っていました。

DSC_5426_R.jpg

DSC_5428_R.jpg
高速シャッターとスローシャッターで水と戯れる・・・。

DSC_5480_R.jpg
さて、17時が近づき、そろそろ帰り道をたどることにします。
本当は“大きな芝生広場”をまわらないと公園探訪記としては足りないのかもしれませんが、

もう気力も体力もない・・・orz。


DSC_5483_R.jpg
帰りは、行きに渡った橋とは違う橋で県道をまたぎ、“森のゾーン”に戻ります。

DSC_5512_R.jpg
何やらオサレな建物が・・・

何ものかと思いきや・・・

DSC_5532_R.jpg
トイレだった!
(まあ、いいですけどね。ついでに一休みできるし・・・)

DSC_5573_R.jpg
ちなみに、淡路島公園には、先程登ってきた“草原と花のゾーン”の展望デッキ以外にも、“森のゾーン”にも、もうひとつの“展望広場”があります。

そこに“展望できる場所”があるならば、登らねばなるまい・・・

という、謎のこだわりにより・・・よせばいいのに登り始めたのはいいけれど・・・

DSC_5583_R.jpg
微妙に足場が悪くて薄暗いのですが・・・
(いやまあ、もう17時まわってるし・・・)

DSC_5586_R_20160820225012123.jpg
一応、途中の所々にベンチはありますが、さてこの道をあえて登る人はどれくらい(公園の訪問者の中で)いるのやら・・・

DSC_5603_R.jpg
分岐点(さきほどのオサレトイレの近く)から“800m”という表示でしたが、

登り道を舐めたらアカン・・・。

とはいえ、どうにかこうにか、第二の“展望広場”にたどりつきました
なお、途中で誰とも遭遇することはありませんでした・・・(わざわざ夕方に登るところでもない?夕暮れの景色など素晴らしそうですが、あのうっそうと繁る道を、真っ暗闇の中で下りたくない・・・(落っこちそう・・・orz))。

DSC_5606_R.jpg
コイン双眼鏡があったので、無駄に使ってみたのはいいのですが、

雨水が垂れてきて、何だかなぁ・・・

DSC_5608_R.jpg

DSC_5612_R.jpg
“展望”広場を謳うだけあって、景色はよかったですが、やはり標高が高い分、“草原と花のゾーン”の展望台の方が、景色は上でしょうか・・・(他方で、展望スペースの“物理的な広さ”は、こちらの方が広いです・・・)。

DSC_5657_R.jpg
あとは、展望広場の手前には、“国生み神話”をモチーフにしたと思われる石碑が各所に配置されていました。
そういえば、淡路島も国生み神話の舞台とされていましたね・・・。


さて、数分の展望広場滞在を終えて、来た道を降りるのですが、
降りるのですが・・・

DSC_5688_R.jpg
ますます薄暗くなっているんですけど・・・。

DSC_5701_R_2016082022510326c.jpg
そんなうっそうと繁る森(?)を抜けて、遊歩道と展望広場への道の分岐点に戻ってきました。
ときは18時前。
いかに昼が長い梅雨時(=夏至前)といえども、そろそろ・・・という時間帯です
(とはいえ、森の中と開けた空間では、全然雰囲気が違いますね・・・)。

「淡路島公園探訪記(その③)」につづく・・・
スポンサーサイト
プロフィール

キモプアの紙

Author:キモプアの紙
キモメン兼デヴ兼クソヲタ兼フニーターで当然の帰結として“プア”・・・。略して“キモプア”。
その中でも(まあ、ほかに“キモプア”を自称する物好きもいないでしょうが・・・)選ばれし“逆”エリートゆえに“紙”(ペーパー的な意味で・・・orz)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ