EF66形100番台

DSC_8347_R.jpg
ある日の昼下がり、JR神戸線(山陽本線)の鷹取駅の北に広がる神戸貨物ターミナル駅を眺めていると・・・

DSC_8350_R.jpg
豪雨を切り裂くように(?)EF66形100番台に牽引された貨物列車が到着しました。
時間帯からして、神戸貨物ターミナル駅に30分ほど停車する2081レのようです(神戸貨タ 12:56着/13:31発)。

それにしても、梅雨時にしても大概にしてくれ・・・というレベルのダダ降り。

DSC_8352_R.jpg

DSC_8355_R.jpg
鷹取駅のホームには、雨が容赦なく吹き込んできて、デジイチもほんのり(?)濡れてしまいました。
まあ、ボディは防塵防滴構造だからいいのですが、レンズは・・・orz(まあ、さっさと水滴を拭き取れば、だいたいにおいて支障は無いんですけどね・・・)。


さて、この日は昼間から特に用事が無かったため、貨物扱いをしている2081レを横目に、やってきた緩行線の207系電車に揺られて、明石駅へ移動。
明石駅からは山陽電車に乗り換えて、東へ一駅逆走して、人丸前駅へ・・・。
雨が降っていなければ歩く距離なのですが、まあダダ降りだし・・・(失笑)。

DSC05979_R.jpg
そうして、駅から外に出ようと思ったら、先程神戸貨物ターミナル駅に停まっていた2081レがやってきました。

DSC05983_R.jpg
コンテナをほぼ満載して、西へと向かっていきました・・・
(なお、私は駅の北に見える「明石市立天文科学館」に出かけて、約5年ぶりのプラネタリウムを無駄に堪能してきました・・・)。

**********

・・・ということで、きちんと撮ることを目的として追っかけたわけではなく、

たまたま見かけたから撮っただけ

の、腐れにわかですが、EF66形100番台牽引の2081レでした。


EF66形の0番台、しかも国鉄色の27号機でも充当された日には、雨天だろうと沿線はエラいことになるのでしょうが、当たり前のように全機健在の100番台の牽引では、それもなし・・・。

もっとも、100番台にしても製造から四半世紀を超え、東海道・山陽本線を日々行き来している(=走行距離はそれなりにかさんでいる)ことからすると、そのうち“追っかけの対象”に、なりそうですけどね・・・
(線区の特殊事情があるとはいえ、同世代のED79形50番台は全廃されましたし・・・)。
スポンサーサイト
プロフィール

キモプアの紙

Author:キモプアの紙
キモメン兼デヴ兼クソヲタ兼フニーターで当然の帰結として“プア”・・・。略して“キモプア”。
その中でも(まあ、ほかに“キモプア”を自称する物好きもいないでしょうが・・・)選ばれし“逆”エリートゆえに“紙”(ペーパー的な意味で・・・orz)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ