さよなら平成26年

気がつけば20時を回りました。
現在実家2階の自室(年間何日くらいいるのか不明・・・)ですが、1階では紅白※※合戦が垂れ流しになっております。

夕食時に父親に、

「家はいいものだろう」

と言われましたので、

「もう少し静かならば言うことなし」

と、返しておきました
(真面目な話、普段のプアライフ・夏は熱帯、冬は冷蔵庫、いずれもエアコン室外機の騒音付・・・に比べれば「いいもの」どころではないのですけれどもね・・・。というか、本来はこれくらいの”一億総中流時代の中流家庭の生活”を、自力で獲得できていなければできない年齢なのですが・・・orz。考えたら鬱になるからやめとこう(現実逃避))。

そんな私は、かなり原理主義寄りの

”テレビ嫌い”

です。
公共のものであるはずの電波を、微々たる利用料で独占して、つまらない・くだらないものばかり垂れ流してんじゃねぇよ・・・とは、割と思います。
あるいは、テレビというのは”臣民を白痴にするための装置”であると、私は割と真剣に思っていますが、私にとってかなりの”救い”になっているゲームの世界も、大して変わらないのかもしれません・・・
(余談ながら、「はくち」と入れて「白痴」と変換されないアホIME、言葉狩りも大概にしろ・・・
まあ、偏向報道上等なマスゴミ全体に対する嫌悪感という説もありますが・・・。

**********

ところで、午後から天候が悪化するという予報に接して、天気が悪くなる前にお墓参りに・・・ということで、午前中に出かけていたのですが、

雲一つない晴天が・・・
雲一つない晴天
(冗談抜きで、視界に全く雲が見られなかった・・・)

でした。
予報を見ていなければ、数時間後に強風とダダぶりの雨にさらされるなんてさらさら思えなかったのですが、実際には、

強風とダダぶりの雨にさらされる
(松山基準で、14時を回った頃にはもう・・・。ちなみに、上の画像は9時半ごろの撮影ですが、12時ごろまではこんな感じの空模様でしたよ・・・)

ということで、この

”快晴”から”嵐”へ

・・・というのが、どこかの誰かの、あるいはこの国の、もっと言えば地球連邦の行く末か何かを暗示しているのかどうかは定かではありませんが、ともあれどうにかこうにか平成26年を終えることができそうです。

だいたいにおいて”ロクなことを書いていない”、お子様の落書き帳もいいところなヘボブログではございますが、縁あってかググる先生が教えてくれたのか何なのかはともかく、

ご覧になってくださったみなさま、ありがとうございました <(_ _)>


みなさまにとっての今年は、どんな1年だったでしょうか。

来たる新たな年が、みなさまにとって少しでもよいものになりますよう、ひっそりとお祈り申し上げております。
スポンサーサイト
プロフィール

キモプアの紙

Author:キモプアの紙
キモメン兼デヴ兼クソヲタ兼フニーターで当然の帰結として“プア”・・・。略して“キモプア”。
その中でも(まあ、ほかに“キモプア”を自称する物好きもいないでしょうが・・・)選ばれし“逆”エリートゆえに“紙”(ペーパー的な意味で・・・orz)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ