無危害の原理

道徳というか倫理の世界には

無危害の原理

というものがあります。

平たく言えば、キモプアな引きこもりが、

部屋に閉じこもり何もしなければ、誰にも何にも害を加えることがない

・・・ということです。

つまり、誰かを傷つけたり、誰かに害をなすといった「一切の悪い行為」を
もたらさない行為、実践のみが正しいという原理ですね。



そうなると、多くの善行ももまた、なされないことになる

・・・そんな反論もあるかもしれませんが、

キモプアは

生きていることが悪

につき、善行なぞ最初から望めません。



・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・

あれ?!

生きてることそれ自体が危害では???
スポンサーサイト
プロフィール

キモプアの紙

Author:キモプアの紙
キモメン兼デヴ兼クソヲタ兼フニーターで当然の帰結として“プア”・・・。略して“キモプア”。
その中でも(まあ、ほかに“キモプア”を自称する物好きもいないでしょうが・・・)選ばれし“逆”エリートゆえに“紙”(ペーパー的な意味で・・・orz)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ