ポテチに危機来る(エラいこっちゃ)

旅とも鉄道ともバスとも何の関係もないネタであしからず・・・ですが、

ポテチに危機来る




・・・ということが、本日各所で報じられていました。

具体的には、最大手のカルビーと、二番手の湖池屋が、

一部ポテトチップスの販売を休止する


・・・というのです。



私のようなポテチ愛好家(=クソデヴ)にとって、これは一大事だ!





・・・なら、これを機会に食うのやめろよ・・・と言われれば、まあごもっともなんですけどね
(そんなに簡単にポテチ断ちのできる自己管理能力の高さを誇るならば、そもそもクソデヴにはならない(失笑))。




DSC03557_R.jpg
そういえば、先日、近所の某ストア100で“こんなの”を捕獲してきました。

ポテトチップス鯛めし味

・・・鯛めしといえば、ご存じ愛媛の誇る郷土料理です。

愛媛県民にとっては、学校給食にさえ稀に登場するということで、記憶にあるのかないのかは定かではありませんが、

炊き上げた鯛を使用するバージョン
刺身状の鯛を使用するバージョン


・・・と、二つあったりするのも、知る人ぞ知るのかどうかは知りません・・・。

DSC03570_R.jpg
パッケージの裏には、デカデカと“愛媛の味”と印刷されています。
この“イメージ画像”からすると、炊き上げた鯛を使用するバージョンが念頭におかれている模様。

DSC03574_R.jpg
食ってみる。
たしかに、鯛っぽい・・・というか、出汁っぽい味はしました。

DSC03566_R.jpg
“鯛の香りと出汁の味わい”と書かれているので、まあそれもそうか。

・・・って、








オマエは“鯛ポテト”だろうが!
(どこに“めし”が入っているんだよ!!)

・・・と、アホなツッコミを入れながら食ったのですが、こんな“ご当地の味仕様”なポテチも、あえなく販売休止品のリストに含まれているそうです・・・。

それだけ、昨秋に北海道を襲った風水害が大変な状況だったということなのでしょう。
日本最大のジャガイモ産地である北海道が大変なことになれば、他産地のジャガイモでフォロー・・・といっても限界があるでしょうからね・・・。

あと、輸入品という選択肢もないわけではないのでしょうが、「プ※ングルス」や「チッ※スター」あたりに代表される成形ポテトチップスならまだしも、カットしたジャガイモをダイレクトに揚げているポテトチップスの場合は、国産品と輸入品ではまた出来が変わってくるそうで、そう簡単に代替もできないらしいです。

・・・ともあれ、今年のジャガイモが北海道で獲れるまではしばらく“忍”の一文字というところでしょうか・・・。
スポンサーサイト

お好み焼きせんべい

そういえば、地元に持って帰ったおみやげは、新大阪駅構内の売店で調達した・・・

個包装
お好み焼きせんべい

・・・でした。

ちなみに、数年前にもこのネタを使っているのですが、久々にコレにしてみました
(実家の人間は、みんなして数年前にコレをネタにしたことを忘却していました。そんなものらしい・・・(失笑))。

なお、普段は京都らしく(?)お茶を使用しているものを選ぶことが多いのですが、これもまたネタ切れ風味でしたからね・・・。

ところで、この手のお菓子は、

“パッケージはイメージです”

とされることが通例なのですが、こやつは侮れない・・・

中身
地となるせんべいが小麦なのはもちろん、エビ、マヨネーズ、のり、天かす・・・と、使われている材料は実物のお好み焼き同様です。
地のせんべいにはだし(らしいもの)も含まれており、

割とお好み焼きに近い味がする

・・・という本格派です。




ちなみに、このときに購入してきたのは「3つの味の詰め合わせ」仕様です。
他二つが・・・

他の味
“ネギ醤油”&“キャベツ”です。

ねぎ
“ネギ醤油”の方は、その名の通り乾燥ネギが大量に乗っています。
乾燥ネギで色があせてしまっているのは特性上しかたないところですが、きちんと“醤油が入っている味”はしますよ。

キャベツ
他方“キャベツ”の方は、乾燥キャベツももちろん入っているのですが、どう考えてもエビの方が強烈な存在感を放っています罠。

ぶっちゃけ、

“マヨネーズの有無”を除けば、マヨネーズ味と何か違うのだろう?

・・・という気も、しないでもありません
(まあ、マヨネーズの有無にうるさい人がいることもまた、確かですけどね・・・)。




ということで、“ガチによくできている”のはよいのですが、

ガチすぎて、“おやつ”にはあまり適切ではない

・・・という説も、無きにしも非ずです・・・。

もっとも、それは“よくできている”証であって、ディスろうとしているわけではありませんので、念のため・・・。

ふつう、スウィーツ的なおみやげには、珈琲か紅茶あたりが合うことが多いのですが、

これは“お茶”と組み合わせたい罠。

ベビー母恵夢(冬季限定ショコラ仕様)

昨日の高速バスで、京都くんだりまで戻ってまいりました。
ダイガク自体は今週から授業再開ですが、私自身の担当する授業については明日からです。
目下、レジュメ作りに精を出しておりますが、合間の休憩がてら駄文を書く今日この頃です。

さて、授業に加えて、週一で同じような状況のみなさんが集まる研究会に加えていただいているのですが、

新年最初がおみやげ交換会になる

のも、ここ数年のお約束です。

・・・ということで、今回私がJR松山駅の1階にあるキヨスクに出かけてきて調達してきたのが・・・

包装紙
ベビー母恵夢・冬のしょこら仕様

です。

だいたいにおいては、愛媛人らしく、県産ミカンを加工したスウィーツ(笑)の中から選択することが多いのですが、

いい加減新ネタもネタ切れだ罠
(毎年新ネタは出てくるものの、いつもいつも新ネタで勝負できるわけではないし・・・)

・・・という状況で、

“冬季限定”

の文字がふと目につきましたので、今回はコレにしました。

“限定”と言われると無駄に買いたくなるミーハーですが、何か?

**********

個包装
ちなみに箱の中は個包装になっています。
割とたくさんの方々にお分けするときには便利です。
個包装ごとに脱酸素剤が封入されているため、個包装を開けさえしなければ、割と日持ちもします。

中身
さて、あらかたはみなさんにお配りしたのですが(そして、私自身も何かかんかとお裾分けをいただいているわけですが・・・)、1つだけ手元に残して、私自身が食べてみることにしました。

この「母恵夢」、「ぽえむ」と読みます
当て字もいいところという説もありますが、松山人にとっては割とメジャーなスウィーツだと思われます(個人的主観も入りますが・・・)。

なお、無印に比べてこの「ベビー」は小型ですので、私のようにカロリーが気になってしかたない人間にとっても安心・・・かどうかは、定かではありません・・・
(言うほど摂取カロリーなんて気にしてないけどな・・・って、だからいつまで経ってもデヴなのか・・・(失笑))。

割ってみた
通常仕様では中が白あんなのですが、この限定「冬のしょこら」仕様では、

中がチョコレート入りのあんこ

でした。

もともとが和菓子なのか洋菓子なのかどっちつかずだという説もありますが、チョコレートが入ることによって洋菓子寄りに・・・なっているのか?

そもそも

“チョコレート(フランス語にすればショコラ)”と“あんこ”の組み合わせってどうよ?

という説もありますが、

個人的には全然アリ

でした。

まあ、チョコレート入り八つ橋とかふつうに食っている人間の言うことにつき、どこまでアテになるかは疑問ですが・・・
(私の味覚がそれほど洗練されたものではないから(=何でもありがたがって食べているだけ)・・・という説も、無きにしも非ず)。

バリィさんプリッツ

先日京都市内の某100均をフラフラしていたら、

バリイポッキー
“バリィさんプリッツ”

なるものを見かけましたので、とりあえず捕獲してみました。

ポッキー
中身は普通のプリッツにみせかけて・・・

“みかん味”

です。
パッケージを開けると、ほんのりと漂うみかんの香り・・・。

まあ、バリィさん=愛媛の誇るゆるキャラ・・・ですからね。

もっとも、本来は「今治」(これを予備知識なしに「いまばり」と正しく読める人がどれだけいるかはともかく・・・って、「バリィさん」効果でだいぶ知名度が上がったようにも、思われますが・・・)の地場キャラだったはずが、いつのまにやら

“愛媛の顔”

よろしく振る舞っているのは、それはそれで・・・まあ、いいか
(お盆に地元に戻ったとき、JR松山駅の改札前にまでこやつがいやがったのは、それはそれでどうなんだろう・・・とも、思いましたが・・・(今治駅にいるのなら、至極当然なんですけどね・・・))。

顔
ブレイクしてからはしばらく経ちますが、まだまだ存在感はあります。
もっとも、地元でこれを見かけるならばともかくとして、

どうして京都くんだりの100均にこれが並んでいたのかは割と謎

だったりも、します
(いかにも「地元限定品」的な風采なのですが、そうでもないんですかね・・・)。

なお、味はほんのりみかん味、割と上品な味だったと思いますが(あくまでも「プリッツ」基準で)、量はちょっと物足りなかったです・・・って、私がデヴだからか・・・(失笑)

ポンジュース

しっかし今日は暑い。
気象庁のHPを調べてみたら、今日の京都市の最高気温は

36.8度

・・・だったらしいです。
もちろん、今年一番の暑さであることに変わりはないのですが、

まだそんなものか

・・・という感覚の私は、クーラーのないプアライフでいろいろトチ狂っているのかも、しれません・・・
(38度を超えてからが本番です・・・(笑)。というか、最低気温が高止まりする方がよほど怖い・・・)。

真面目な話、日が陰り日光が当たらなくなると、昼間に比べればはるかに過ごしやすいものですよ
(あくまでも“比較”の問題ですが・・・)。

**********

ところで、こうもクソ暑くなると

冷たいものが恋しくなる

のは、人情というものです。

・・・ということで、近くのスーパーでたまたま安売りされていた・・・

ポンジュース
ポンジュース!!

“愛媛の誇り”というか、“蜜柑人のたしなみ”というものでしょう・・・(笑)
(しかも、100%「蜜柑」ではなく、「オレンジと蜜柑の混合」(いいのか、愛媛蜜柑の商売敵とまぜこぜにして?)という、案外知られていない事実・・・(苦笑))。

なお、普段はお高いのですが、ときどきセールに遭遇すると、割とリーズナブルなお値段で捕獲できます。
というか、そういう状況でなければよう買わん・・・という方が、正しいのですが・・・。

入れてみた
・・・ということで、氷をたっぷりと入れたコップ(100均謹製)に注いでみた。

プハー!!
(なお、私は体質的にアルコールを飲めませんので実感としてはわかりませんが、キンキンに冷えたビールを飲んでプハーしている人が、こんな感覚なのでしょうかね・・・)

・・・ということで、ジュースやアイスの助けを借りながら、猛暑とおつきあいしている今日この頃です。
プロフィール

キモプアの紙

Author:キモプアの紙
キモメン兼デヴ兼クソヲタ兼フニーターで当然の帰結として“プア”・・・。略して“キモプア”。
その中でも(まあ、ほかに“キモプア”を自称する物好きもいないでしょうが・・・)選ばれし“逆”エリートゆえに“紙”(ペーパー的な意味で・・・orz)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ