授業おしまい

9月の終わり頃から長々と続いていた後期の授業も、私が担当する分については本日をもっておしまいです。
外国語がロクにできない癖に、外国語でテキストを読む授業をしているという、“反面”教師もいいところな状況ですが、外国語のテキストを対象とした講読科目の場合は、最終日に「最終講義試験」を実施するのが慣例です(あくまでも、私伊野場合は、ですが・・・)。

ということで、昨日までにチマチマと問題をつくりまして、

まあ、これくらいなら1時間あれば解けるでしょ?
(私が解いてみて20分あれば片付くのだから、3倍の時間があれば学生のみなさんでも大丈夫でしょ?)

と、出してみたら・・・

全然大丈夫ではなかった模様

・・・一応、授業において一回読んだテキストなんですけどね・・・。
辞書持ち込みも認めたんですけどね・・・。

もっとも、外国語の試験において

“辞書持ち込み可”はトラップ

・・・とはよく言ったものでして、

持ち込み不可の試験に比べれば、分量、難易度ともに“上がる”のが通例
(なお、最終講義試験や定期試験に限らず、入“院”試験(大学院入試とも言う・・・)においても、同じようなことはいえます・・・)

・・・なんですよね。私も昔食らったことがありますが・・・orz。


まあ、人数が少ないので、当日にさっさと採点することができるのは、ありがたいかぎりです。
あとは、普段の取り組みを考慮したうえで、「段階別による成績評価」をする作業が残っていますが、そのあたりはボチボチと・・・。




ところで、「試験」とはいうものの、こちらが一方的に日時を指定する(・・・というよりは、授業の時間割に左右されるという見方の方が正しいのですが・・・)こともあって、

すみません用事ができて来ることができません

・・・という事態に、たまに遭遇することがあります。
というか、

今回まさに遭遇してしまいました・・・orz

何と、卒業回生にしてまだ就職活動をしていて、面接だったのだそうですが、事情が事情ですので(試験日に面接があったことを証明できる書類等を提示させたうえで)“追試験”となるのですが、

景気が(一部で)よくなったといっても、まだまだら模様
就活が(少しは)ラクになったと言っても、内定が集中する人間には集中し、NNT(無い内定)はやっぱりNNT


・・・ということで、

“格差社会”だよな・・・

と、世知辛いことを思うことしきりです。

ちなみに、

私自身がかつて“NNT側にいた”ことは、何をかいわんやです
(だから再入“院”して、ゆかいなバイト講師に流れ着いてるんだけどな!(失笑))

そう考えると、未だに就職活動に励む若い学生のために何とか単位をお出ししたいのは山々なのですが、

通り抜けるべき関門(試験)を通り抜けずに、単位を出すわけにはいかない
(“卒業かかってるんです”と、“泣きつく”だけでは知らんがな・・・)

こともまた、確かです。

世間は厳しいのです
(世間をロクに知らない世捨て人のオマエが言うか!)


ということで、来週に設定したその学生一人のための「追試験」の問題を、これから作らなければなりません。
まあ、それもバイト講師のおつとめと言われれば、それまでですけどね・・・。
スポンサーサイト

年内最後の授業

気がつけば今月も2/3が終わろうとしています。
ダイガクでは金曜日に授業をしている私ですが、年内の金曜日分の授業は本日で終わりです。
学生のみなさんとも、しばしのお別れです・・・
(学生のみなさんは“せいせい”しているかもしれませんが・・・orz)

年内最後といっても、

半期に15回の授業は絶対にすること

・・・という、“お上のお達し”により、1月にも2回の授業がありますので、“終わり感”はあまりなかったりもしますけどね・・・。

何はともあれ、卒業論文の提出を控えた4回生(以上)・・・のみなさんは半分いませんでしたが、授業をすっぽかして無事に出せたのであれば何よりです。

あとは年末年始の一休み・・・というところですが、ウチのダイガクの場合、

来週も木曜日まで授業は延々と続きます

ので、学生のみなさんも、先生方も、まだ“一息つく”には、少し早そうです。

それ以前に、

試験問題考えないとな・・・orz
(だいたいの目星はつけていますけどね・・・)。

テキトーな授業

明日明後日とさる学会の大会がありまして、事務局員(=奉仕者)として、私も駆り出されることになり、わりと準備に追われているのが半分、

諦めてこうして駄文を書き散らかしているのが半分

です・・・orz。

それはいいのですが、そんなこんなもありまして、授業準備がわりと危なっかしい状況で今日の授業に臨みました。
結果・・・

もうね、ボロボロ・・・orz

「いつもグダグダでボロボロだろこのヘボ講師が!」という、学生のみなさんのツッコミもあるかもしれませんし、まあ私としても自覚はしているつもりですが、それにしても、

外国語文献の講読の授業で、講師が自分の用意した試訳とメモ書きをプリントアウトした紙を、こともあろうにプリンターに放置して、それが“ない”ままに授業に臨むというこの無鉄砲さよ・・・

・・・自分で書いていて、バイトだろうが非常勤だろうが、

これが給与をいただいている講師の授業に対する取り組みかよ
(大学教員の正規版=教授様や准教授様に比べれば微々たるものとはいえ・・・)

・・・と思うと、割と寂しくなってきました。

じぶんのしょぼさに・・・orz

まあ、過ぎ去ったものは返ってきませんので、

来週はこんなことの無いように頑張ろう

・・・それ以前に、

明日と明後日、ものすごく早起きしないとな・・・
(会場にきちんと着くことを考えれば、6時起きですがな・・・orz)

・・・ということで、いつまでも駄文を書いているゆとりもなさそうです・・・。

授業開始

しばらく続いたダイガクの夏休みも、昨日をもって終わり。
今日からは後期セメスターのはじまりです。
私自身は前期同様金曜日に授業を配置しているため、初日からいきなり授業でした。

今期は、

外国語の文献をみんなで読んでいこう(いわゆる「外書講読」)

・・・という授業の担当を仰せつかりましたが、

私みたいに外国語能力が危なっかしいのにさせて大丈夫なのか?

・・・という、余計な心配も無きにしも非ず
(まあ、大半の学部生のみなさんよりは読める・・・と、思うだけは思っておきたい(苦笑))。

**********

今日は初回ですので、簡単な顔合わせと、来週から実際にテキストを読んでいくための準備作業としての、導入講義というなのヨタ話をしてきました。
やはり、何だかんだ言っても教壇に立つと「講師スイッチ」でも入るのか、気分が変わってくるものです。

それはともかくとして、前期のような講義科目(聞いているだけ)に比べると、どうしても講読科目となると人が少なくなるものですが(外国語となったらなおのこと・・・)、

見事に教室にいた学生は一ケタ

でして、まあ私みたいな怪しげなヘボ講師の授業だったら、こんなものなのでしょう。

何人ついてくるのか、何人脱落するのか・・・は、神のみぞ知る・・・です。
ニーチェ大先生に言わせれば、「神は死んだ」のだそうですけどね・・・。

**********

・・・ということで、来週からは私も外国語と格闘です。
学生のみなさんの前では堂々と開陳はしていませんが、ずいぶんしばらくぶりに外国語に接するため、果たして大丈夫なのか、少し不安も無きにしも非ず・・・です。

これから来年の1月まで、のべ15週のノンストップ(?)授業ラッシュです。
まあせいぜいがんばろう俺
(余談ながら、出席者が少ないと、コミュニケーション・ペーパーにコメントを書くのも楽ですね・・・。前期はほぼ常時20枚以上書いていたのが、一挙に半分以下になると全然負担感が違います。今日集めた分なんてもうコメント終わったし・・・)。

レポート課題と締切

先月の中頃までテキトーに授業していた大学の授業(講義)では、レポート課題を提出していただいて、それと普段の授業への取り組みを“総合的に”判断して、成績評価をつける予定です
(どうでもいいことですが、この“総合的”って、便利な言い回しです罠・・・)。

・・・もっとも、学生のみなさんにとっては何の嫌がらせなのかわかりませんが(単に授業回数が多すぎて、スケジュールがキツキツになっているだけという説もありますが・・・)、授業の終了からレポートの統一締切日(=事務室が一括してレポートを集める締切日)までに、あまりに間がなさ過ぎる(数日しかないぞ・・・)ということがありまして、常々、レポート課題の提出率が悪いのはこれが原因だろう・・・と、思うことしきりでした
(学生のみなさんに、数日で何科目ものレポートを書けと求めるのもいやがらせでしょうし、授業と並行して計画的に書くことができるようであれば苦労もないのでしょうが、そもそも「レポート課題」って、最後まで授業を聞いたうえで書くものではないか・・・とも、思うんですよね・・・)。

・・・ということで、私は考えました。

締切を遅らせれば、みんな余裕をもって書くことができて、提出率も上がるだろう
(事務室提出のレポートの締切日は、事務室が集めて各教員に送付する手間がかかる以上、“早め”に設定されること自体はしかたないのです・・・)

ということで、今回は実験的に、事務室提出締切から2週間ほど(定期試験の終了からも1週間程度の)余裕をもたせた締切を設定してみました(一応、非常勤バイト講師であってもその程度の裁量は認められます・・・)。
もちろん、そんな勝手な締切を設定したら事務室は集めてくれませんので、「私のメールアドレスに直接添付ファイルで提出すること」と、しましたけどね。

そうして、いざ締切を過ぎてみると・・・

登録者の1/3近くがそもそも出していない
(そもそも授業に出てきていないのは放置するとしても、割と出てきているのにレポート未提出という方がいらっしゃるのは、大変もったいない・・・)

のです・・・。

何のために締切遅らせたと思っているんだ・・・

・・・ということで、「親の心子知らず」ならぬ、「教員の心学生知らず」なのかもしれませんが、冷静に考えてみたら、私自身の経験を振り返ってみても、

締切が延びたら着手するのも遅くなるだけで、結果的に書いている時間は大して変わらない
(そして気がついたら締切を過ぎてしまっているという残念な状況・・・orz)

ので、あんまり変わらなかったのかも、しれません・・・。

ともあれ、提出していただいた分はこれから急速に目を通して、希望者にはコメントをつけて添付ファイルで送り返す作業が待っています(苦笑)
(それ以前に、大学に成績評価を報告しないといけません。盆明けなのでまだ日数はありますが、これも「まだ日数はあるわ」・・・とタカをくくっていると轟沈させられそうで何だかなぁ・・・(苦笑))。
プロフィール

キモプアの紙

Author:キモプアの紙
キモメン兼デヴ兼クソヲタ兼フニーターで当然の帰結として“プア”・・・。略して“キモプア”。
その中でも(まあ、ほかに“キモプア”を自称する物好きもいないでしょうが・・・)選ばれし“逆”エリートゆえに“紙”(ペーパー的な意味で・・・orz)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ