地震に遭遇す

全国ニュースでも報じられているとおり、今朝8時前に、関西では割と大きな地震がありました。
とりあえず惰眠をむさぼっていた私も叩き起こされるくらいですから、それなりの揺れだったようで・・・
(そして、揺れ出してから鳴り出す緊急地震速報・・・。まあ、直下型の地震の場合は、そうもなりますか・・・)。


京都くんだりではそれほどの揺れでもなく、市バスは普通に動いているわけですが、大阪(特に、高槻や茨木)では大変なことになっているようで・・・。





さて、市バスは動いていますが、今のところ(6月18日15時時点)、京阪間の鉄道線は、東海道新幹線を例外として全面的に止まっています(新幹線もしばらく止まっていましたが、今は動き始めたようです。ダイヤはダダ乱れでしょうが・・・)。

・・・ということで、


JR東海道本線:ストップ
阪急線:ストップ
京阪線:ストップ


・・・という状況、どうやらかなり長引きそうです
(ツィッター上では、新快速のパンタグラフが吹っ飛んだ・・・という報告もあるようで・・・)。


なお、この時期の月曜日には神戸に用務で出かけているのですが、



鉄道が止まっていては物理的に“行くことができない”


ため、電話でのやりとりを経てあえなくお休みとなりました
(“休み”になったらなったで、代替補講をしなければならないので、それはそれで日程調整の悩みどころなんですけどね・・・orz。なお、大阪や神戸から京都に来ることもできないわけですから、大学もかなりのところで休講扱いになっているのではないでしょうか・・・)。


時折、台風で鉄道が止まった、大雨で鉄道が止まった・・・という理由で休みになる(休みにせざるを得ない)ことはありますが、地震で休み・・・というのは、私はこれまでに経験したことがないですね・・・。


ともあれ、そんなこんなで、


急にお休み


・・・になったのですが、


急に休みになってもかえって落ち着かない

・・・のは、小心者の悲しき性というものなのでしょうか・・・。




ちなみに、京都くんだりでは震度4(ところによっては5弱)だったそうですが、本棚が崩れてくることもなければ、積み上げている何かが崩壊することもありませんでしたので、そこは“やれやれ”・・・。

・・・って、

P6183759_R.jpg

P6183764_R.jpg

P6183765_R.jpg
ディスプレイケースの模型車両は、各車派手に脱線していました・・・
(まあ、これくらいで済んだのですから、不幸中の幸いというべきか・・・)。


そういえば、今回は「出発前」でしたので、列車の車内に閉じ込められるという事態には遭遇しませんでしたが、タイミングによっては閉じ込められてしまい、


線路の上を歩いて移動

・・・という羽目になっていたのかも、しれませんね。


それだけならばいいのですが、歩いて移動したところで列車は動いていないわけで、駅で待ちぼうけ・・・ということにでもなった日には、どうしようもなさそうです
(被害に遭われたみなさま、ネット上の片隅よりひっそりとお見舞い申し上げます・・・)。
スポンサーサイト

“やらない善”より“やる偽善”なのか・・・

世間はゴールデンウィークに入りました。

もっとも、学校関係の人種からすると、

5月1日(火)と2日(水)の、カレンダーの黒い数字が疎ましい

・・・と、なるのかもしれません。

とりあえず昨日今日と天気がいいのはありがたいです。





さて、そんな連休さなかのこと、あるターミナル駅に降り立ってみると、休日なのに高校生が大挙して募金活動をしていました。
誰でも知っているレベルの団体の募金活動だったのですが、この手の募金活動の現場に遭遇すると・・・




はたして募金された額のどれだけが必要とされる人たちのところに届くのか
(“全額届く”のが原則とはいえ、だからといって手数料や広報費用も自腹なのか・・・というジレンマに、大きな団体になればなるほど直面するわけで・・・。さりとて、どこぞやのように大っぴらにピンハネされるのも・・・)

そもそも彼ら/彼女たちはどこまで「自発的」に活動しているのか

(どこかからの有言無言の圧力で休日を返上させられて??? ・・・非自発的であるならば、募金する人が多いと次の機会以降に連綿と負の連鎖が・・・)


・・・などということを考えていると、結局素通りになるという、この現実

まがりなりにも高校生がしているのであれば、高校生がピンハネするとはあまり思えませんが、他方で“大人は汚い(場合もある)”ものですからね・・・。

たとえ全額ではなく“かなりの部分”になるとしても、支援を必要としている人の手に届くのであれば、“やる偽善”の方がまだ大いにマシなのかもしれませんが、そもそも“見捨てられた世代”ことロスジェネに属し、いい歳して非正規雇用の重ね掛けの私にそんな余裕あるのかという気も、しないでもありません。


もっとも、あれこれと理屈を立ててスルーすることで、“偽善以下”という見方も成り立つわけでして、妙に忸怩たるところを残したのでありました。

他方で、募金というのも「線引き」をしておかないと、街頭募金の求め全てに応じることなど、たとえ正規雇用されて経済力があってもできやしないわけで・・・。





・・・その意味では、募金にしてもそうですし最近はやりのクラウドファンディングにしてもそうですが、


出したお金がどのように使われているかの説明責任を果たす

ことこそ、実は鍵になるのかもしれません
(説明責任を果たすためにサイト作成費用だとかパンフレット作成費用だとかがかかるのであれば、それが募金の一部からまかなわれるのは、しかたないのでしょうか・・・)。

そういえば、高校生の傍らを通り過ぎて通りをフラフラ歩いていたときに、たぶん外国人(アジア系)の人がやや拙い日本語で「アジアの恵まれない人たちに」と個人募金を持ちかけてきましたが、これはさすがに躊躇なくご遠慮申し上げました。

もちろん、「事実」だったのかもしれませんが、それにしてもどこの組織の誰かわからない「個人」に募金するのは・・・無理です
(純粋な善人なのか詐欺師なのかをその場で瞬間的に見分けるなんて芸当、私にできるはずもない・・・)。

釈然としない“なにか”

とりあえず・・・

4月とは思えないクソ暑さはなにか?

・・・と思う今日この頃です。
真夏日・・・とまではいかなかったようですが、30度近いところまではいっていたようで、「今4月なんですけどね・・・」と、ボヤいてみたくもなります。

そんななか、真上のアホ住人は朝の7時--当然“暑くない”--からエ※※ンを稼働させて室外機の轟音で叩き起こしてくれました。ホント何考えてんだよブルジョワジー(そんな“無駄な”電気代払える的な意味で・・・)。





・・・ということで、朝っぱらから叩き起こされて、しかたないから二度寝すると昼前・・・になっても誰も文句を言わない“日曜日”

・・・それはいいのですが、所用がありまして京都駅方面に出かけておりました昼間のこと・・・。


私の前に並んでいる外国人旅行客--京都くんだりでは“多過ぎ”なのは、いい加減勘弁してほしい--、スマホの画面とバス停の表示を眺めながら唸っているのですが、どうも乗り場が正しいのかどうか確信を持てない様子。

自分から(怪しいこと極まりない)英語で話しかけることはしない“チキンな”私、さてどうなることかとバスを待っていると・・・
(もちろん、聞かれれば答えるくらいのことはしますよ・・・)


“後ろ”に並んでいた青年が話しかけ始めました


・・・埒が明かないのか、お節介なのか、“後ろ”に並んでいた中年女性も参戦しました。




結果、外国人旅行客は別のバス停に移動していって・・・・







オイ貴様ら、なにしれっと“私の前”に居座っている
(元いたところに戻れよ!)


しかも、バスが到着すると、



“全然関係ない”老人女性も前にしゃしゃり出てきました






なにコイツら・・・



・・・いや、どうせ空いている系統なので、前に三人行っても私座れましたよ。
座れましたけど、釈然としない“なにか”を抱えて、夜に至っております・・・
(ふざけんな貴様ら、後ろに戻らんかゴルァ・・・くらい、その場で吠えるべきだった?)。



なに、「私が外国人に間違いを正してやればすべては丸く収まっていた?」

・・・そんなに外国語に自信があったら、困っていないよ・・・。

ヒノキ猛威をふるう・・・

毎年花粉症には悩まされているのですが、




今年はどうも“ひどい”・・・

(止まらない鼻水と咳、喉の違和感、さらには(身体が花粉を異物と認識して防衛行動を発令しているのか)発熱まで・・・)



ここしばらく晴天が続き、しかも暖かいということでスギやヒノキが無駄に頑張っているのか・・・と思ったら、





本当に頑張っていた


・・・という、残念なオチ。

昨年の同じ時期に比べて“ヒノキ花粉、428倍の飛散量”という報道があったとか何とかいう説もありまして、もちろん地域差もあるのでしょうが、今年は例年以上に“苦しめられている”ことだけは確かです

例年同様、マスク・メガネ完備、鼻にはワセリンを塗りたくり・・・と、


医療費をかけずにできる範囲の“努力”だけはしているのですが・・・
(あれだけ健康保険料を取られて、なお3割自己負担、しかも病院に出かけても無駄に待ち時間だけ長いと来ている・・・)



アレグラ先生のお世話になる日も・・・近いのかも・・・。


ともかく、花粉にはさっさとお引き取りいただきたいものです。
明日の雨予報で少しは流されていくのでしょうか・・・
(昨日の雨では大して流されなかった模様・・・)。

だるい・・・。

マグカップを更新する

先日、3年半ばかり使ってきた

P3167213_R.jpg
鉄道ホビートレイン(“なんちゃって新幹線”)の記念マグカップが壊れた

・・・ことを、無駄にネタにしたことがありました。

もちろん、ステンレス製のカップ本体には何の問題もないのですが、取っ手が取れて、しかも部分的に割れているようでは、とりわけ熱いものを入れられない・・・ということで・・・
(冷たいものであれば、カップ本体をもてばいいではないか・・・と言われれば、まあそれまでなのですが・・・)




P9243848_R.jpg
・・・ということで、導入されしは“マグカップ”なのですが・・・

ただのマグカップでは・・・ありません!


P9243855_R.jpg
“THERMOS”のロゴが燦然と輝くように・・・


P9243850_R.jpg
保温と保冷に対応した“真空断熱マグカップ”でございます。

P9243852_R.jpg
構造と保温性能の説明。

圧倒的じゃないか、我がマグカップは・・・(苦笑)。

P9243860_R.jpg
真空断熱構造だけあって、“ごつい”です。
重いです。

P9243857_R.jpg
いかに真空断熱構造といえども、上部がガラ空きでは熱が逃げていきます。

P9243859_R.jpg
なればこその・・・“蓋付き”

メンテナンスはただのマグカップよりめんどくさいけどな!





なお、ネタ候補として商品画像はさっさと撮影していたのですが、実は導入したのは半年前だったりもします。
こんなネタを今更出してくるということは、ネタ切れの証か?
(あまり否定できない・・・orz)

しばらくはこれと鉄道ホビートレインマグカップを併用していたのですが、鉄道ホビートレインマグカップの破損により、今後は真空断熱マグカップがメインになりそうです・・・。

なお、昨年の晩夏から使っている感想として、


保冷性能は抜群
(水滴がつかないこともさることながら、氷が溶けにくいこと溶けにくいこと・・・)


保温性能はそれほどでもない・・・

(もちろん、蓋をしたうえでの実感)。

ただのマグカップに比べればはるかに“マシ”であることは否定しませんが、パッケージに書かれているようなすぐれた保温性能とは全く思えず、さっさと冷めていくんですけどね・・・。
少なくとも、入れてから1時間後に80度は・・・絶対に保たれていない。

なに、

キサマの部屋がエアコンも暖房器具もなくてクソ寒いのが悪い?


・・・まあ、反論できませんけどね


真空断熱マグカップとしてはお安め(1000円ちょっと)の代物ですから、何でもかんでも求める方が、間違いなのかもしれません。
少なくとも、夏の保冷性能--そして、結露しないこと--は、十分に信頼のおけるものですので・・・。
プロフィール

キモプアの紙

Author:キモプアの紙
キモメン兼デヴ兼クソヲタ兼フニーターで当然の帰結として“プア”・・・。略して“キモプア”。
その中でも(まあ、ほかに“キモプア”を自称する物好きもいないでしょうが・・・)選ばれし“逆”エリートゆえに“紙”(ペーパー的な意味で・・・orz)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ