多治見・美濃太田経由京都行き(名古屋港水族館探訪記・帰り編)

「熱田神宮探訪記」のつづきです・・・

DSC_1301_R_2016120620270405d.jpg
夕方の熱田神宮への参拝を終えて、再び名鉄神宮前駅に戻り、一駅だけ急行列車に揺られて、金山駅に戻ってきました。
反対線には、河和に向かう特急列車。
一般車と特別車を混成するという名鉄特急のスタイル、関西圏では少数派ですが(南海の「サザン」くらい(?))、多様なニーズを汲み取るという点では合理的なのかもしれません・・・。

DSC_1304_R_2016120620270615e.jpg
さて、一旦高架のコンコースに戻りまして、JR改札をくぐろうとしたら、一つしかない有人改札は精算客や案内を求める観光客が並んでいるという、この現実・・・。
さっさと改札を通らないと、次に乗る列車に間に合わないのですが・・・
(結局、しびれを切らして、駅員氏に一声かけて18きっぷを提示して改札を通りました・・・)。

DSC_1309_R_20161206202703546.jpg
さて、往路は18きっぱーにとっての王道(?)である東海道本線一本でやってきましたが、帰りは少しひねってみることにしました。
金山駅からは、中央本線の下りホームライナーのトップバッターとなる、「ホームライナー瑞浪1号」に乗車してみました。

DSC09860_R.jpg
18時過ぎ、名古屋駅からの「ホームライナー瑞浪1号」が金山駅に着きました。
さっそく、乗車整理券で指定された3号車に乗り込みます。

DSC09854_R.jpg
ホームライナーといえば特急形車両の間合い運用・・・というのも今や昔
(その手の“もと・ホームライナー”は、特急格上げされることも多いですからね・・・。関西圏の「びわこエクスプレス」よろしく・・・)。

「ホームライナー瑞浪」シリーズの主力となるのは、かつての「セントラルライナー」運用を追われた313系8000番台車です。
少々高級とはいえ、

所詮は転換クロスシートが並ぶだけ・・・

DSC09851_R.jpg
車端に至っては固定席・・・。

DSC09858_R.jpg
パーティションと電光掲示板があって、吊り手が扉付近にしかない--料金不要の転換クロスシート車では、天井全体にわたって吊り手が林立していることが多い--といった特徴はありますが・・・

キハ75系でもいっしょやん

・・・という、身も蓋もないツッコミもできます
(そして、キハ75系は料金不要の列車にばかり充当されます(「快速みえ」号の指定席は除く))

・・・ということで、この313系8000番台車・・・

ラッシュ時でなければ乗車整理券を購入してまで乗ろうとは思わない

・・・という、身も蓋もない感想になります
(「セントラルライナー」号の時代に、「銭取られるライナー」と口の悪い鉄ヲタが揶揄していたのも、わかるような気はします・・・)。

DSC09857_R.jpg
ともあれ、指定された座席に腰掛けます。
金山駅の一角に乗車整理券の自動券売機がありましたのでそれで購入したら、B席を押しつけられました・・・orz。

なお、乗車駅ごとに座席を割り当てているようで、たとえば金山駅の段階では隣の2号車はガラガラだったりもします(そして、その後の停車駅で埋まっていく・・・)。

DSC09862_R.jpg

DSC_1325_R_20161206202921f32.jpg
通路側席に押し込められたということもあって、気がつけばウトウトしているうちに、多治見駅に着きました。
列車はもう少し先に進みますが、私はここで降車です。
金山駅からわずか26分のライナー列車の旅でした・・・
(これが383系電車の充当される列車であれば、また気分も変わるんでしょうけどね・・・)。




DSC09866_R.jpg
続きまして、太多線の普通列車に乗り継ぎ、一気に岐阜駅まで抜けます。

なお、この多治見駅、

地味に岐阜県に属する


・・・ということで、中央本線は愛知県から一気に長野県に抜けると思っていると、大間違い・・・
(そして岐阜県の“広さ”を思い知らされる今日この頃・・・)。

DSC09868_R.jpg
チンタラしていると、太多線乗り場から18:33発の普通651Dが発車していくところでした。
ただし、この651Dを見送るのは、最初からの予定どおりです。

DSC_1328_R.jpg
しばらく待っていると、次発の普通653D(になる)キハ75系がやってきました。
この列車に乗り込みます。

DSC_1324_R_20161206202919d12.jpg
653Dに乗車すれば、高級気動車であるキハ75系で、乗り換えなく岐阜駅まで直通してくれますからね・・・。

DSC_1321_R.jpg
・・・ということで、一般形としては全国屈指の高級気動車であるキハ75系です。
全席クロスシート(扉そば、車端は固定)であることに加えて、

DSC09911_R.jpg
ちょっぴり広いシートピッチ(確か940mmだったはず)と、ヘッドレストが地味に中折れ式になっている、転換クロスシートとしてはかなり高級な座席(・・・だと、個人的には評価しています)。
後継のキハ25系(ただし0番台車)も悪い車両ではないのですが、あちらはキハ75系ほどゼニかかってないですからね・・・
(キハ25系1000番台・・・オールロングシートのアレは“論外”に決まってるだろ)。

DSC09875_R.jpg
飲み物を置く小テーブル。

DSC09879_R.jpg
日よけは特急車も真っ青(?)の横引きカーテン。

DSC09897_R.jpg
パーティションと扉付近のみの吊り手という構成も、先程まで乗車していた313系8000番台車に通じるところがあります
(・・・というか、キハ75系の方が先に誕生しているのですが・・・)。

今も一部のグループは「快速みえ」号として、近鉄特急とやり合っているわけですが、さすがに有料特急をライバルとして仕様が策定された気動車だけあって、一般形としてはアコモデーションが優秀です。
もっとも、太多線ではその“走り”の真価を発揮できないのは・・・やむを得ないところでしょうか・・・。

DSC09892_R_201612062028049a4.jpg
基本編成は2連となるキハ75系ですが、乗車した列車は夕ラッシュ時ということもあってか、基本編成をばらした先頭車を増結して、3連で運転されていました。
そんな柔軟なやりくりもまた、気動車のお約束というものでしょうか・・・。

列車は定刻通り18:49に多治見駅を発車し、まずは美濃太田駅を目指します。
車内は帰宅客や高校生で、立席が出る程度の混雑です・・・が、優雅に座っている側からすると何でもいいや・・・。

途中の各駅でちょこちょこと降車があり、名鉄線と接続する可児駅で一気にガラガラになりました。
そして、ほぼ中間となる美濃太田駅には19:22に到着。
乗客は大半が入れ替わり、4分の停車後に発車です。
こうして乗客が入れ替わるさまを眺めると、美濃太田駅で系統分割される列車が多いことも理解はできますが、乗っている側からすれば直通してくれる方がありがたいという、この現実・・・。

同じく名鉄線と接続する鵜沼駅でそれなりに増えるものの、立席が出ない程度の混雑で・・・

DSC_1339_R.jpg
20:01、多治見駅から1時間少々の旅を終えて、列車は岐阜駅に着きました。
折り返しは美濃太田行きとなるようです。

DSC_1322_R.jpg
気動車らしく車体長が少し長い・・・ことが、なんとなくわかるような気も・・・。

DSC_1334_R.jpg
別のホームには、新快速・快速用として登場しながらも、今ではすっかり普通列車役が板につきつつある311系電車による普通列車が到着してきていました。

DSC_1342_R_20161206203048693.jpg
そんななか、隣の乗り場には特急「ひだ19号」が到着しました。
高山本線における下りの最終特急となります。

岐阜駅の構造上進行方向が変わるため、停車中の模様をしばし観察。

DSC_1343_R.jpg
小ぶりながらもヘッドマーク。

DSC_1345_R.jpg
高山本線の両雄並び立つ。
そういえば、まだキハ85系には乗ったことがないので、そのうち乗りにいきたいのですが・・・なかなか機会が・・・。




DSC09924_R.jpg
(画像は米原駅到着後のもの・・・)
・・・ということで、名古屋→多治見→美濃太田→岐阜・・・と大回りしてきましたが、ここから先は大人しく東海道本線を使います。

夜ラッシュ時ということもあって、到着した快速2551F(岐阜駅20:16発、ラッシュ時のお約束となる金山始発の快速列車)の車内はそこそこ混んでいました。
もっとも、大垣駅に着く頃にはガラガラになっていましたけれどもね・・・。

DSC09916_R.jpg
117系電車在りし頃には、この“金山快速”(・・・と、勝手に命名)には117系電車が入っていることが多かったのですが、いまや313系の天下です・・・。

DSC09927_R.jpg
米原駅からは、毎度おなじみ新快速・・・ではなく、普通列車に乗り継ぎました
(米原駅21:14発の普通843T。高槻駅以西は快速列車となりますが・・・)。

まあ、後続の新快速よりもこの普通列車の方が先着するという、身も蓋もない理由もありますが・・・。
なお、米原駅の段階ではガラガラでしたが、京都駅に着く頃にはそこそこ座席が埋まっているのが、東海道本線の最重要幹線たるゆえんでしょう。たぶん・・・。

DSC09931_R.jpg
22:22、かれこれ14時間半ぶりに京都駅に戻ってきました。

DSC09933_R.jpg
18きっぷ1回分、きっちり使ってきましたとさ・・・。

(おわり)
スポンサーサイト

熱田神宮探訪記

「名古屋港水族館探訪記(その④)」のつづきです・・・

名古屋港水族館の訪問を終えて、地下鉄で金山駅に戻りました。
時に16時半頃・・・。
名古屋市内の観光・・・には、時間が遅すぎます。

・・・ということで、あまり時間をかけずに訪問できるところ・・・ということで、熱田神宮にお参りに行くことにしました。

DSC_1184_R_20161206194818ad5.jpg
金山駅から熱田神宮へは、JRでも名鉄でも行くことができます・・・。
・・・というか、よくよく考えてみたら地下鉄でも行けた・・・ということに帰ってから気がつきましたが・・・。

当日のその場では地下鉄の可能性が出てきませんでしたので、名鉄を利用してみました
(このときは18きっぷ利用でしたので、JR線を使えば追加運賃はいらないのですが、熱田駅から神宮まで歩くのをかったるがるという、この現実・・・)。

一駅間ですが、無駄に特急利用です
(・・・というか、たまたまやってきたのが特急だっただけ・・・)。

折りたたみ補助席しか空いていませんでしたが、まあ一駅だけですし・・・。

DSC09838_R.jpg
1300系が充当されていましたが、車端でも転換席なんですね・・・
(JR東海とやり合っているだけあって、“競争はサービスを向上させる”・・・と)。

DSC09842_R_20161206195007623.jpg
補助席の上に視線を向けると、どこやらのJRでも見かけるような車掌スイッチ・・・。

DSC_1190_R.jpg
・・・と、車内をロクに観察する間もなく、神宮前駅に着きました。

DSC_1192_R.jpg
ICOCAで改札を通って、いざ神宮へ。

DSC_1196_R.jpg
神宮前駅の偉容。
“MEITETSU”の表記が、時代を感じさせます・・・。




DSC_1202_R.jpg
神宮前駅を出たら、目の前には熱田神宮の敷地が広がっています。
さすが、「神宮“前”」ですね・・・
(JRの熱田駅からは歩いて10分くらいかかるとか・・・)。

DSC_1205_R.jpg
手水で清めて・・・

DSC_1273_R_20161206194922c66.jpg
“都市の中”にあるだけあって、境内は割とコンパクトという印象を受けました。
鳥居を通って数分も歩けば・・・

DSC_1222_R.jpg
本宮にたどり着きました。
大人しく参拝します。

すでに時は17時前ということもあってか、参拝者の数も少なかったです
(その分、ゆったりとお参りできましたけどね・・・)。

DSC_1224_R.jpg
しゃりしゃりと砂利を踏みしめると、身も心も引き締まるような・・・気がします
(いや、クソデヴすぎて“身”は全然引き締まってないか・・・orz)。

DSC_1227_R_20161206194850549.jpg
本宮の隣にある神楽殿。

DSC_1229_R_20161206194851228.jpg
参道では、熱田神宮の神代からの歴史を振り返るパネル展示がありました。
初参拝の無知な腐れ中年にとっては、勉強になります・・・。

DSC_1261_R_2016120619491925b.jpg
宝物殿。
時間が合えば鑑賞していきたかったところですが、残念ながら16時半で閉館となっていました・・・。

DSC_1231_R_20161206194903dc9.jpg
堂々たるご神木。

DSC_1233_R_20161206194905f81.jpg

DSC_1237_R.jpg
「大楠」・・・そのまんまですね・・・。

DSC_1243_R.jpg
そんな楠の下では、神鳥(?)の堂々たる鶏閣下。

DSC_1244_R.jpg

DSC_1254_R.jpg
あまりに堂々とした立ち振る舞いに、居合わせた人々が悉くカメラを向けるプチ撮影会状態・・・。




帰りは、境内を南に抜けてみました・・・
(神宮前駅から普通に来ると、東側から入ることになります。なお、正面というか正門に当たるのは南側なのだそうです・・・。まあ、「本宮の正面」という意味では、それもそうか・・・)。

DSC_1278_R_20161206194923fcf.jpg
鮮やかな朱塗りのお社。

DSC_1279_R_201612061949250ee.jpg
素戔嗚尊を祭っているそうです。

DSC_1280_R.jpg
苔むした屋根が、月日の重みを伝えます。

DSC_1285_R.jpg
正門の近くにある、上知我麻(かみちかま)神社。

正門(南門)を抜けて、神社の外周を通って名鉄の神宮前駅に戻ることしました・・・。
しましたが・・・

DSC_1293_R.jpg
ぬこ様に遭遇しましたよ!

DSC_1295_R.jpg
親子なのか、同じように振る舞う姿に、無駄に癒やされたのでありましたとさ
(いや、キモい人間がごついデジイチ向けてるから警戒されてるだけだから、それ・・・(失笑))。




DSC_1267_R_20161206194920e8e.jpg
・・・ということで、熱田神宮に初めて参拝してきた記録でした。

名古屋市の中心街からのアクセスが良好でありながらも、さすがは天照大神をお祭りするだけのことはあって、境内に一歩足を踏み入れれば荘厳な雰囲気に圧倒されました(小並感)。

できれば、宝物殿もじっくりと眺めてみたかったところですが、そのためには帰り際に立ち寄るのではなくて、もっと早く来ないとな・・・というところでしょうか。

「多治見・美濃太田経由京都行き」につづく・・・

28年夏・名古屋港水族館探訪記(その④)

「その③」のつづきです・・・

DSC_0808_R.jpg
南館の展示を一通り眺めましたので、もう一度北館に戻ることにしました。
北館と南館の展示を一通り見たので、これで帰路についてもよかったのですが、この日三度目のイルカショーの時間が近づいていましたので、せっかくですからもう一度見てから帰ろうかと・・・
(別に見た回数によって料金が変わるわけでもないし・・・などと考えるのが、“プア”のプア根性たるゆえん・・・orz)。

DSC_0813_R.jpg
その北館の一角では、ゴマフアザラシ水槽で、なにやら解説を兼ねたイベントが行われていましたので、無駄に立ち止まってしばし見物。

DSC_0832_R.jpg
どこからか降りてきた輪をくぐってみたり・・・

DSC_0839_R.jpg
何やら抱えてきてみたり・・・

DSC_0842_R.jpg
なにこのあいくるしいいきもの?!

DSC_0867_R.jpg
・・・ということで、お子様やリアルの充実しているみなさまが歓声を発する背後で、腐れ中年はアザラシ先生をファインダー越しに追っかけてたのでありましたとさ・・・(苦笑)。




DSC_0880_R.jpg
さて、今一度スタジアムに戻ってきました。
これから鑑賞するのは、この日三度目のイルカショーです(15:30開始)。

デジイチ+望遠レンズの無駄に重装備の腐れ中年につき、観客の邪魔にならないように、最上段に陣取ります。

DSC_0886_R.jpg
位置が高いだけあって、南極観測船「ふじ」もよく見えます。

そうこうするうちに、ミュージック・スタート・・・。

DSC_0900_R_201612022030295e0.jpg
ショーのお時間です。

DSC_0991_R_20161202203032d39.jpg
アングルが違うと、見え方も全く違うのが新鮮です。
ただ、プールとの距離があるだけに、フルサイズ機に200mm級レンズではいろいろと辛いのも確か・・・
(DXクロップ機能で300mm相当にしているといっても、それでも辛い・・・)。

こういうときは、素子の小さなDXフォーマット機の方が強いですね・・・
(レンズ焦点距離の1.5倍相当になるのは大きいですよね・・・)。

根本的な解決策としては、“超望遠レンズ”がほしいと思う今日この頃・・・
(このときの経験をきっかけにして、後日型落ちの超望遠レンズを中古品で調達してきたのは、また後日談というもの・・・)。

DSC_1016_R.jpg
せっかくフープをキャッチしても、この大きさにしかならない・・・。

DSC_1038_R.jpg
立ち泳ぎも、アングルが違うと新鮮に見えます。

DSC_1085_R.jpg

DSC_1080_R.jpg
小さくしか写りませんが(失笑)、これだけの数のイルカが一気にジャンプするのは、やはり壮観ですね。
全国最大級と言われるメインプールあればこそ・・・のショータイム。

DSC_1105_R.jpg
そうこうするうちに、あっという間にショータイムは終わりを告げます。
観客も三々五々、スタジアムを後にしていきます
(まあ、この最上段に平日にして居座ったのは私くらいのものでしたけどね・・・(夏休み中とはいえ、平日だったのでそれくらいの余裕はあったということです・・・。なお、スペック上は実に“3000人”の収容が可能だそうです・・・))。

DSC_1142_R_2016120220310441d.jpg
イルカたちも一休み・・・。

DSC_1114_R.jpg

DSC_1127_R.jpg
・・・といっても、イルカたちにとってショータイムもへったくれもないみたいで、豪快なジャンプを帰り際に見せてくれました
ショーが終わったからといってすぐに帰ると、“もったいない”かも、しれませんね・・・
(ただし、どこでどんなタイミングでジャンプしてくれるかは運次第・・・)。




DSC_1100_R_20161202203105356.jpg
・・・ということで、16時過ぎ、陽が沈みつつある名古屋港水族館を後にしたのでした・・・。

私自身、水族館探訪を無駄に好んではいるつもりですが、近場にしか行ったことがありません
(一番の“近場”である京都水族館にまだ行ったことがないのはともかくとして・・・)。

ですから、限られたサンプルにもとづいた比較になることは承知のうえですが、海洋哺乳類の展示(北館)という意味では、全国でもトップクラスなのではないかと思われます。
なにせ、メインプールのスケールも大きければ、それに支えられるイルカショーのスケールも大きい・・・(イルカの数も多いですしね・・・)。

さらには、イルカよりも巨大なシャチも鑑賞できますし、ベルーガ(シロイルカ)も(時間帯にもよりますが)間近に眺めることができます。

もちろん、ふつうイメージされる“水族館”である南館の展示も、抜かりありません。
日本の海~深海~赤道の海~オーストラリア~南極・・・という順路にたどって眺めると、水族館に居ながらにして南極旅行です
(いや、行ったことないけど・・・orz)。

・・・ということで、ストーリー性のある展示・・・であるといえましょうか。

また、多くの動物園や水族館で、真夏にはダルそうにしているペンギン--いや、南極から連れてこられて日本の夏に直面させられたらダルくならない方がおかしいのですが・・・--が、完全空調のもとで生き生きと過ごしていたことも印象に残りました
(あとは、でぶチョコボ・・・もとい、エンペラーペンギンの巨大さに震撼(するとともに、クソデヴ仲間として“親近感”)・・・(笑))。

「熱田神宮探訪記」につづく・・・

夕暮れ

先日、夕暮れ時の鴨川沿いを、腐れ中年がフラフラとさまよっておりました・・・。
なお、デジイチは重さも大きさもそこそこありますので、普段携行しているのはサブのRX-100(無印)です。
発売から4年を経てもなお、アホみたいに売れ続けているという、化け物です
(某価格比較サイトのコンデジランキングでは、本日(平成28年12月2日)現在、堂々の“売れ筋ランキング1位”ですからね、発売から4年も経っているのに・・・)。

まあ、(新品)3万円台のコンデジとしては、“1インチセンサー”に“そこそこいいレンズ”に、(35mm判換算で)28-100mmをカバーするという絶妙な画角、さらには200gちょっとの軽量コンパクトなサイズ・・・と、

バランスがよすぎる


・・・というのが、大きな理由なんでしょうけどね・・・
(そんな私のRX100も、今年の春に(先代サブカメラの)Q-7を売却して差額をぶっ込んで導入したものだったりもします・・・)

DSC01821_R.jpg
・・・ということで、マンションか何かでも立てているのでしょうか、夕闇に溶けゆく2基のクレーン。

DSC01819_R_2016112019052869b.jpg
西の空には、宵の明星が輝いていました・・・(画像ではわかりにくいのですが、左のクレーンの真上付近・・・)。
周辺光量落ちが見受けられますが、それもまた“味”というものでしょうか・・・。

DSC01826_R_201611201905278c8.jpg
フルサイズ機やAPS-C機ほどではないのでしょうが、JPEG撮って出しでこれだけ階調表現ができるのですから、現代--いや、4年落ちだけど--のコンデジ、恐るべし・・・と思った、適当なスナップに走る夕方のことでしたとさ。

28年夏・名古屋港水族館探訪記(その③)

「その②」のつづきです・・・

DSC_0394_R.jpg
さて、シャチ大先生やベルーガ(シロイルカ)大先生を眺めているうちに、正午を回りました。
(大規模)水族館の定番イベントといえば・・・

イルカショー

・・・ということで、デジイチ+望遠レンズの本領発揮・・・ということで(?)、観客席の隅っこで無駄に撮影に励むこととしました。

DSC_0414_R.jpg
名古屋港水族館の場合、ショーの会場となるスタジアムの正面には巨大スクリーンがありまして、ショーの様子を--時にリプレイをまじえながら--投影してくれます。
スタッフがカメラを観客席に向けることで、観客席の様子も映って、お子様大歓声・・・。

DSC_0444_R.jpg
そうこうするうちに、13時からの(2回目)のショーが始まりました。
まずはジャブがてら、イルカ先生が観客席に海水を叩き込みます・・・。

DSC_0457_R.jpg
プールの底に一旦沈んだイルカが、急上昇してトレーナーとともに大ジャンプ・・・。
さすがに巨大なプールだけあって、ショーのスケールも大きい(小並感)。

あと・・・

200mm級のレンズ(DXクロップ機能で300mm相当とはしていますが)では、追いつかない・・・orz。

DSC_0541_R.jpg
ボールにタッチしたり、

DSC_0509_R.jpg
立ち泳ぎ(?)してみたり・・・と、イルカ先生大活躍

DSC_0487_R.jpg
イルカショーの華といえば“ジャンプ”ですが・・・

DSC_0556_R_20161201173445280.jpg
数が多いと見応えがありますね・・・
(ウデがないのは・・・放っておいてくれ・・・)。

なんというか、大きく深いプールを存分に活用して、スケールの大きいショーとなっていたのが非常に印象的でした。




20分少々のショータイムが終わると(訪問日は8月のため、夏休み期間で夜のショーがある代わりに、1回あたりの時間が10分短くなっていました・・・)、観客大移動です。

その大移動の流れにぼっち非コミュの腐れ中年が混じりながら、南館へ移動します。

DSC_0590_R.jpg
まずは、日本の海を再現した水槽から。
イワシの大群・・・。

DSC_0606_R.jpg
カラフルなイソギンチャク(食べたいとは思わない)。

DSC_0611_R.jpg
堂々たる伊勢エビ。

DSC_0629_R_201612011735161c7.jpg
・・・水槽は深海生物へと続きます・・・(当然暗くなっていくので、カメラにとっては厳しい環境に・・・)。
ダイオウ・・・のつかないオオグソクムシ。
“ダイオウ”のつく、ダイオウグソクムシでした・・・orz。

大きさこそ“そこそこ”ですが、存在感は抜群です・・・
(あと、キモがられる仲間で勝手に親近感を抱きましたよ!)。

DSC_0619_R.jpg
そんななか、異様な存在観を放つのが“潜水服”・・・。
暗闇の中でいきなり遭遇したらチビる自信がありますよ・・・(苦笑)。

DSC_0643_R_20161201173514435.jpg
深海水槽を抜けると、そこは南国の海・・・。
なかなか飽きさせない構成ですね・・・。

DSC_0661_R.jpg
ちょうどお食事タイムだったようですが・・・

キャベツを食ってました・・・(笑)


DSC_0668_R.jpg
華やかな珊瑚礁。

DSC_0665_R.jpg
気分(だけ)は南国です(一度も行ったことないけど・・・orz)。

DSC_0650_R_20161201173530359.jpg
海藻かと思ったら、オオシャコガイという“貝”なのだそうです。

DSC_0649_R.jpg
日本でもここでしか飼育されていないとか・・・。
見かけによらず(?)“レア”なんですね・・・。




エスカレーターを上がると、これまでに眺めてきた水槽を“上から”見下ろすことができます。

DSC_0709_R.jpg
ウミガメ水槽を上から・・・。
すごく・・・ご立派です。

DSC_0700_R_20161201173536dd2.jpg
ウミガメについては人工砂浜を設置して産卵・繁殖させているそうですが、子ガメたちが水槽を泳ぎ回っていました。
かわいい・・・。

DSC_0716_R.jpg
そんななか、一角ではマングローブが植えられ、南洋の海が水槽とはまた違った形で再現されています。
ちょうど、トビハゼが一休み中・・・
ちょこちょこ砂の上を跳ねているトビハゼを眺めていると、時間の経過を忘れてしまうようでした・・・
(いい年したオッサンがトビハゼをじっと眺めているのは、端から見れば“キモい”以外の何物でもないでしょうけどね・・・(失笑))。




さらに先へ進みますと、オーストラリアの海を経て、一気に南極ワールドです。

DSC_0760_R.jpg
各種のペンギンが並ぶペンギン水槽は“壮観”の一言。

もちろん、ペンギン自体は水族館や動物園の“定番”動物ですが、ここ名古屋港水族館では、

真夏であってもキンキンに冷やした水槽で飼育


・・・ということで、ペンギンには絶対この方がありがたいんだろうな・・・と、思うことしきりでした(再度小並感)
(日本のクソ暑い真夏に、屋外でペンギンを飼育するのって、ペンギンにとってはある意味拷問なのではないかとも思う、今日この頃・・・。たとえプール/水槽があっても、ぬるい水では・・・ねぇ・・・)。

DSC_0764_R.jpg
堂々たる目線。
暗い室内で、しかも元気よく動き回っていることもあってブレ写真を量産しまくっているわけですが、

巨大なエンペラーペンギンの存在感がありすぎた


・・・というのもまた、小並感というやつです
(誰ですか、チョコボ大先生に対する“でぶチョコボ”を思い出したのは・・・)。

「その④」に無駄につづく・・・
プロフィール

Author:キモプアの紙
キモメン兼デヴ兼クソヲタ兼フニーターで当然の帰結として“プア”・・・。略して“キモプア”。
その中でも(まあ、ほかに“キモプア”を自称する物好きもいないでしょうが・・・)選ばれし“逆”エリートゆえに“紙”(ペーパー的な意味で・・・orz)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ